2011年07月17日

無事で良かった〜

18時現在

馬場理事長は、新幹線の時間の都合で、大阪バス組より一足先に、一本早いフェリーで気仙沼に。
大阪組は、この後の18時30分のバスに乗る予定です。

気仙沼から、大阪のWEB更新担当に連絡をくれた理事長から、今だから言える、ひやっとする話を聞きました!

昨日潜った要害漁港での話。

目の前が全く見えない状態で、手探りで潜っていると、突然、海底の網に絡まって身動きができない状態になったそうです。
自分の手足も、見えない状態の中、どこがどう引っ掛かっているのかも確認できないまま、もがけばもがくほどどんどん引き込まれていくような感じ。

なんとか、持っていたナイフを取り出し、少しづつ縄を切りながら、13分かかってやっと逃れたそうです。

エアも残り少なく、見えない状態でのナイフ作業は、チューブを傷つけたら一発でアウト!

九死に一生を得て、戻ってきたそうです。
よかった〜〜〜

理事長、ほんまに無理しすぎです!!

今後は、安全、安心活動でお願いしますね〜〜 

posted by けんしん at 18:00| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

場所を移動して

午後からは、フェリー乗り場の近くの、浦の浜で活動しました。

みんな元気いっぱいです!

110717_1326~001.jpg

110717_1406~001.jpg

110717_1139~002.jpg

posted by けんしん at 15:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水中調査部隊二日目

昨日の要害漁港では、視界がせまく自分の身体も見えない状態だったのですが、今日は場所を変えて、小田野浜に潜りました。

ここでは、2メートルくらいの視界があるので、入港の邪魔になるような大きなガレキを見つける作業が、なんとかできました。

いくつかの漁船や、自動販売機などの大きな瓦礫を見つけては、そこにブイをくくりつけて、水上の船にわかるように印をつけていきます。

CA3C0045.jpg

一人では、いくら頑張っても大した仕事にはなりませんが、できる限り精一杯の仕事をしたいと、馬場理事長。

エアが切れるギリギリで見つけた、6メートルもの丸太を30メートル引き上げて、担いで上がってきたときには、漁港の人たちもびっくり!
なんと、最後の1〜2分は、まったく呼吸ができなかったそうです。汗

頑張りすぎです、理事長!


でも、こうして頑張って潜ってくれている2人に、
「昨日潜っていた要害漁港から、2人のご遺体が浮かんであがった」
との知らせ。
今まで4か月も見つからなかったのに、不思議な話ですが、
きっと、理事長が呼びにいってくれたから、帰ってこられたんでしょうね。

もうひとつ不思議話。

潜っているときに見つけた船の名前「丸三丸」、なんと島崎君のひいおじいちゃんの持っていた船と同じ名前で、びっくり!
あとで地元の人に聞いても、島の船ではなく、どこからか流れてきて沈んでいる船のようす。
島崎君は、なんだかひいじいちゃんに導かれているような気がしたそうです。

CA3C0056.jpg

posted by けんしん at 13:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんな元気に活動しています!

7月17日
今日も朝から活動!

旅館の近くの、小田野浜という海岸のガレキをみんなで片づけ。

110717_1028~003.jpg

110717_1028~001.jpg

110716_1420~002.jpg

ずいぶん片付いたので、午後からフェリーの発着場の近くの浜に移動して、みんなで活動をする予定です。


posted by けんしん at 11:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。