2011年09月11日

熊野からの報告

熊野に入っている島崎氏からの情報です。

台風12号の被害によっておきた土砂災害は、報道されているニュースを見るだけでは想像できないほど悲惨な状況です。
和歌山から奈良、三重にわたる熊野といわれる地域は、土砂で埋まっている家や、壊れた建造物、流された車が、見渡す限り続いています。被害を受けた家は、数千件にもおよび、その景色は、東北の被災地と同じ状況です。

那智大社や熊野本宮なども土砂で破壊され、道路はいたるところが分断されたままになっています。

電気は復旧していますが、まだ水道がでない地域も多く、復旧の見通しは立っていない状態です。

広範囲土砂に埋まってしまった村々は、山の斜面に立っている家も多く、機材での片付けは難しそうです。


今回の視察で感じたのは、一日も早く、一人でも多くの人の手が必要だということです。
早速バスの手配をし、ボランティアの人たちを集めて、再び現地に入ることを決めました。

詳しいことが決まり次第、お知らせしますので、皆さんのご協力、よろしくお願いします!

被災地の写真等は、大阪に帰り次第、まとめてブログにてご報告したいと思っています。




posted by けんしん at 12:56| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。