2012年01月28日

雪の中、東北へ

やすより
アクション29 出発しました。

今回は寒波のため雪の東北です
そして放射線量のことも考えていかなければなりません
今回は参加者合わせて3台のガイガーカウンターがあるので確認しながら対応したいと思います。

福島県国見のサービスエリアでのガイガーだとかカウンターは005マイクロシーベルト。
この地域はマスク着用で過ごします。

大変そうですが元気に乗りきりたいです!

120128_065532.jpg

120128_064302.jpg

120128_064653.jpg

120128_065821.jpg

posted by けんしん at 08:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

アクション29

アクション29
元気届隊27名、宮城県気仙沼大島に向け出発しました!

現地は最高気温でも氷点下
初めての環境での作業になりますが、体調管理に気をつけて、元気を届けてきます

120127_2146~01.jpg

ナオキ
posted by けんしん at 22:02| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

カンボジア活動終了

カンボジア後半は、ほとんど曇りで日本の7月くらいでしょうか。。。
過ごしやすく、セッションしていると、気持のいい風が吹いてきて、目を閉じると南国気分!!
全工程6日間。
子ども達の笑い声が飛んだ日々でした。
IMG_0137.JPG


タッチケアだけではなく、手を繋いでるだけの時。
戯れて遊ぶ。抱っこしてなんでもない鼻歌を歌う。オウム返しに言葉を掛け合う。
一緒に横に座る。言葉は通じないけど身振り手振りで話す。
そんな何気ない事をたくさん繰り返した毎日でした。
DSC_0064.jpg

子どもたちはマッサージが大好き!!
「マッサ・マッサ」と呼びかけてきます。
慣れている子たちは、順番を待っている間、服を脱いだり友だちにクリームをつけたり、
私たちスタッフの横にべったりだったり。。。。
IMG_5861.JPG
次は「どの子」と言う前に、ベットに競って横になってきます!!バタバタ
IMG_5760.JPG

なるべく、自ら表現して呼びかけてきたり、行動に出れない子はいないかチェックしながらのケア。
気になる子は、チェックをして、後からまた声かけをしたり、次のアクションを考えたりと
ケアをやっている時は、頭がフル回転。。。。
DSC_0040.jpg

それでも、楽しさが先でした。
言葉はほとんど分かりませんが、顔の表情やニュアンスでのやりとり。
本当は、言葉が通じれば、もっと望んでいることへのアプローチが出来るのでしょうが。。。。
気持良さのあまり、寝てしまう子もいました。
DSC_0036.jpg

4日目・5日目と酸(硫酸)をかけられた方のステーション(病院)でのケアをさせて頂きました。
目を覆いたくなる程、想像以上のケガ(ヤケド)の後に、何ともいえない身体の違和感がありました。 今では、あまりにも酸での事件が多すぎるということで、数年前より手に入れることが出来なくなっているということだったんですが、私たちが訪れた日にも運ばれてきた方がいました。
なかなか、一掃するためには時間がかかるみたいですね。
一回目のケアで、これまでにない体験をさせてもらい、どう向き合えばいいのかさえ迷いましたが、私たちの心の硬さを取るかのように、ケガをされた方々はとてもウエルカムでした。

いつもそうですが、私たちの活動は、受け入れられて初めて行えてます。
改め、てさせて頂けていることに感謝でした。

ケアの時間と共に、身体がリラックスしていく様子が、手を伝って感じることが出来ます。
中には、して欲しいことの要望を言われる方もちらほら。。。。

次の日のケアは、皆の希望もあり急遽センターでのケアとなりました。
前日にケアをさせて頂いた方を私もURARAもセッションさせて頂き、笑顔で終えることが出来ました。私がセッションした方は、子どもも一緒に酸を浴びていて、母親はまず、子どものセッションを申し出てきました。どんなに自分がきつくても、子どもが元気でも、子どもが先!!
愛が溢れていました。
DSC_0140.jpg

私は、気になっていた子どもを三日間追いました。免疫が下がり気味で、身体に湿疹ができ、お腹のふくらみが気になる女の子。
初めて声をかけた時には、ぼんやりとしていて元気がなく。「マッサは?」という問いに「NO」という一言でした。二日目は「マッサ?」という問いに「YES」という元気な声。
そして、数分もしないうちに、1人の女性を指差し、その女性のマッサージをせがむ女の子。
数分後分かったのが、女の子が病気の時にいつも傍で看病をし世話を焼いてくれるスタッフだということ。女の子の望みを叶えることが、心と身体にとっていいのであればと思い、女性をセッション。
すると女の子は、肩もしてあげて、脚もしてあげて、手も。。。。と私の手をゆっくりと誘いました。多くの子が、私!私!とせがむのに。。。。そして、その姿に涙をこらえてセッションしている私の顔を覗き込み、私の肩をマッサージしてくれました。
小さな身体で、愛を体一杯で表現して生きている姿が愛おしくて、思わずハグしてしまいました。
DSC_0098.jpg

そんなこんなな日々を終えて、14日朝、無事家路に着きました。

カンボジアの空はメッチャ綺麗だったなぁと思い出します
IMG_5765.JPG

uraraの頭の中には、次なるアクションのビジョンがある様子。。。。
私はゆっくりとこの経験を生かせるよう、一歩一歩。。。

色々考えます。タッチケアをしたからこそ思うこと。
Carolyn_028.jpg
またこの子たちに会いに行きたいです。
Carolyn_085.jpg
毎日最高の笑顔をくれました。
IMG_3864.JPG
ありがとう



posted by けんしん at 14:53| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。