2011年04月18日

活動の感想 佐々木@

今回、一緒に参加させて頂き、本当にありがとうございます。

また母の捜索時間まで割いて頂き、本当に本当に感謝しております。有難うございました。
また、最後の最後までご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

正直この1ヶ月間、不安な毎日でした。
母と連絡が取れたのが11日の15時30ごろ。
「こっちは大丈夫だから。皆に伝えておいて」の言葉を最後に、連絡が取れなくなりました。
日が経つにつれ、不安は募るばかり。

今回の話を頂いたのは、そんな中の事でした。

最悪の事態を覚悟しての参加。


遺体安置所では不明者リストの特長から探し、特長が似ている方の写真とご遺体を確認。
面影はあるがはっきりと断定出来ず、最終はDNA鑑定を委ねる事に。

そこで対応された婦警さんが一緒に親身になって探してくれました。

婦警さんも同じ被災された方のはず。自分の家族や友人など、まだ連絡取れない人がいるかもしれないのに、探す事も出来ず、来所された方々に労をねぎらい、共に探してくれる姿に、頭が下がる想いでした。

「まだ沢山の身元不明な方がここにはいます。1日でも早くご家族の下へ返してあげたい。」この言葉が印象的でした。
復興に向け、様々な支援が入って来ている中、現実問題として実感させられました。。


posted by けんしん at 00:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お母様は残念でした。。覚悟の上とはいえ現実に直面されて、受け止めなければならない辛さは如何ばかりかとお察しいたします。
でも佐々木さんが迎えに来てくれたと思っていらっしゃる気がします。気休めのような事しか言えずにごめんなさい。
どうぞ元気をだして無理せずに頑張ってくださいね。

Posted by yumi at 2011年04月18日 14:13
佐々木さん、ミーティングの時にお話を聞いて何かお役に立てれば、と思って翌日も色々検索していましたが力及ばずでした。
一報を受けた後、ご連絡するにも言葉が見つからず今になってしまいました。色々大変だと思いますがお体ご自愛なさってください。
Posted by みほ at 2011年04月19日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。