2011年04月18日

活動の感想 佐々木A

佐々木です

KC3O00030001.jpg


各避難所には、全国各地からの救援物資が届き、炊き出しもされてて充実しつつある反面、避難所には避難せず半壊した家や、津波で被害にあってない2階で生活されてる方々がおりました。
そこで出会ったおばあちゃん。
町からの食料配布は1日におにぎりが一個と菓子パンだけ!!と伺いました。

なんで?
なんで、そんなにも差があるの?

避難所では環境の変化や集団生活がかなりのストレスになり避難所に行けない人や、小さいお子さんがいて、夜泣きを気にされたり、寝たきりのご家族の方がいて移動出来なかったりと様々だと思うけど、あまりの差に驚いてます。


もしこのブログで訴える事ができるなら、救援物資、食料などを避難されず家に残って生活してる方に届けてほしいです。
例えば、トラックいっぱいにボランティアセンターから物資を積み拡声器で呼び掛けながら町中を汲まなく廻り物資を支援していく。
次の日からの来る時間を決め、定期便にして行く。

市や町の職員さんの人達も被災者です、まだまだ手が回らないと思うのです。

お一人お一人の力と行動が重なった時、何十人の方々に勇気と希望を与える事を知りました。

復興に向けて、冬は必ず春となるように、前へ前へと歩んで参りましょう。

頑張ろう東北!
頑張ろう日本!

PS:物資を手渡し、別れる時に、見えなくなるまで、ずっと手を振り続けてくれたおばあちゃんの姿、忘れません。
必ずまた行ききますね。

posted by けんしん at 00:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。