2011年04月18日

活動の感想 原田

お疲れさまです。

ボランティアに参加させて頂いてます原田亮です。

今回参加させて頂いて感じたこと送らせてもらいます。

同じ石巻でも津波の被害があった場所となかった場所の状況の違いに驚きました。
見たところ津波の被害がなかった場所は瓦が落ちている位で、お店も通常通り営業しており肩透かしをくらった感じでした。しかし少し海岸に近づくと状況は一変し、瓦礫の山でした。
テレビで写される避難所やボランティアセンターは物資や支援がかなり充実していましたが、避難所に移らず被災した家に依然として住む方や僻地のボランティアセンターのない場所などは物資が足りていない状況でした。そこから次のボランティアの課題が見えました。

つまり避難場所に住まない方や僻地のボランティアに物資を届けることが大事な課題です。(大きいボランティアセンターを拠点にしてそこから散り散りにある自宅にお住まいの方に物資を届ける)

今回現地に直接触れられ、ボランティアの方や被災した方々と話すことができそういう次回に繋げる課題を発見できたのでとても充実していました。

この経験を大阪大学で報告し、PSAと大阪大学の連携ができればと思います。PSAは現地に何度も行き蓄積した経験ノウハウ、大阪大学は学生ボランティアという人員・大学のネームを提供しあうことで、今後息の長い支援をできればと思います。

110417_2354~01.jpg

最後に、今回主催して頂いたPSA理事長の馬場さん、この活動に関わった皆様に本当に感謝しています。
そしてこの支援活動に私を誘ってくれ、馬場さんと協力し尽力した島崎さんには、本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。

posted by けんしん at 00:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。