2011年04月18日

活動の感想 馬場親之助

今回実際に石巻という街の現状を目で見て、そこにいる人達の言葉を聞き、触れて五感で感じる事が出来ました。

その中で感じた事は来る前に思い描いていたものとは全然違うものでした。

いくらテレビやインターネットで情報を手に入れてもそこに書かれている事は現状とのギャップがあります。

例えば避難所にいる方は三食きちんと食べられて、さらにケータイはもちろん、携帯ゲームをしている子供たちまでいました。
それがいけないというわけではなく、むしろ環境が整ってきている証拠なのですが、実際は避難所にはいかず、辛うじて家の二階などが津波の被害が少なく、そこで暮らしている方々は未だに一日におにぎりを一つしか食べられない生活を余儀なくされています。

最近では全国各地から支援物資が送られてきていますがそれは一旦同じ場所に集められて各避難所に分配されていきます。

しかし、今の方法では上で述べた個人には物資が行き渡らないです。
そしてそういった方々は物資があまり始めてる事すら知らない方が多いのです。

ただ行政や大きなボランティアの組織ではそういった小さな部分まで手が回らないというのが現状です。
そのためにそういった穴になっている部分を僕らが補完出来るのではないかと。

そのためにやるべき事はまずそういった現状を伝える事、そして今度は学生という立場からなにが出来るのかを考えています。
募金以外にも出来る事はあります!
まずは自分通う京都精華大学をまるごと巻き込んでアクションを起こしていきます。

これをみている学生の方!ぜひ一緒に大きなアクションを起こしましょう!

IMG_9790 (1).jpg


posted by けんしん at 01:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。