2011年09月30日

パリ児童画展A

038.JPG

ボランティアの女性たちとお客様を迎える最終確認中募金箱のところには、風船をたくさん置きました。

052.JPG

前夜会で演奏してくれたジャズトリオ(NDZ)と山下由美子さん

子供たちの元気な絵をバックアップしながら、哀悼の気持ちも含み、静かだけれど心に響くすばらしい演奏でした日本の曲も3曲アレンジして入れてくださいました ジャズメンと由美子ちゃん ありがとう!

Expo caritative-1.jpg

c Sumiyo IDA

この女性たちはパリ小町さん・着物を着て日本のイベントにボランティアで参加してくださいます。お着物で3時間は大変だったと思いますが、小さい募金箱を持って招待客ではない方からも募金を集めてくださいました。ありがとうパリ小町さん!

073.JPG

右のスーツ姿の男性は、展示会場Village Royalのギャルディアン(ガードマン)のジャックさん。前夜会では最後の最後までバックアップしてくれて、開催中は募金箱の近くに座る女性たちをちょっと離れた場所からガードしてくれていた優しいムッシュウです。大島の子供たちにと温かい募金もしてくれました ありがとう!ジャック

左の男性は、絵を前日から丁寧にパネルに入れて会場に設営してくださったアトリエのバリションさん絵を傷めないよう大切に扱ってくださいました ありがとう バリションさん!



「パリ児童画展、終了の報告」

9月8日から22日まで開催しました、パリ児童画展も無事終了しました。ほんとうにたくさんの方たちの協力に支えられ、法も文化もメンタリティもちがうフランスという外国において「子供たちの想いで子供たちを支援する」というテーマで義捐金を募る展示会を開催できたことを大変うれしく思い感謝の気持ちでいっぱいです。

集まった総額ですが、6008,36ユーロでした。今のレートでいくと日本円で約62万円くらいだと思います。

できるだけ多くの義捐金を大島の子供たちにと、それぞれがほんとうに頑張ってくれました。すでに秋に入っているパリは、募金箱を置いていた場所がとても寒く、コートを羽織りながらの日もありましたけれど子供たちを想うみなさんの優しい心もきっと大島の子供たちに届くと信じていますほんとうに、ありがとう。

大阪の子供たち、そして支援をしてくださった方達の想いのこもった支援金は、大島の状況等を把握し、現地の要望に出来るだけこたえる形で使用することで、PSA馬場理事長に託したいと思います。宜しくお願いたします。


9月29日 パリより

キッズアートプロジェクト
池永貴美




 









posted by けんしん at 15:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
沢山の愛が日本に届いてますよ!!
きっと!!
国境を越えて、人種を超えて皆が愛を飛ばしたらきっと幸せになりますよぉぉぉぉ☆☆☆
Posted by takako at 2011年10月02日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。